モビット

モビットのネット申し込みには2つの方法が用意されている

MENU

モビットの来店不要キャッシングを使いこなす

モビットはネットで申し込みも借り入れも出来る大手消費者金融として人気であり、取り扱い時間によっては翌営業日の振り込みとなってしまう場合もありますが、最短で即日の対応も可能です。

 

来店不要での手続きとなりますので、誰かに見られてしまう心配もなく、どこにいても申し込みが出来ることなど、とにかくメリットの大きな借り入れが出来ると評判でもあります。

 

 

そんなモビットのネット申し込みですが、他の消費者金融とは違って2通りの方法が用意されています。他と同じようなWeb申し込みと、モビットだけに用意されているWeb完結申し込みです。どちらにもメリットとデメリットがありますので、両者の特徴を確認しながら見ていきましょう。

 

モビットの通常のWeb申し込み

まずは一般的なWeb申し込みの方法です。

 

他の消費者金融と特に変わった点も無く、モビットのホームページからパソコンやスマホでの手続きをします。必要事項の入力後に審査が行われ、各種確認が完了次第、銀行振り込みでの借り入れか、カードを受け取り次第、ATMで借りる方法となります。

 

より早くにカードがほしい方は、ネットで申し込み後に近くのモビットのローン契約機まで行けば、すぐにカードの受け取りも可能となります。

 

契約機の設置は他の消費者金融であるプロミスやアコムと比べると少ないですが、それでもモビットの契約機は日本全国の各地に設置があります。駐車場の一角や道路沿いなどの消費者金融の契約機が立ち並ぶ場所にあり、中の様子は外からは見えないので秘密での契約も可能となります。

 

営業時間は限られていますが土曜や日曜でもモビットの契約機でのカード受け取りが可能となっているので、週末の土日にお金が必要となればモビット横浜でのカード受け取りを進めるなど、当日中に利用ができるように考えておきましょう。

 

モビットだけの特殊なWeb完結申し込み

もう1つの申し込み方法は、モビットだけの他社とは違う「Web完結」による手続きです。

 

来店不要である点は上記の通常のWeb申し込みとは変わりはありませんが、Web完結の場合には電話や郵便物がありません。審査通過後に行われる在籍確認や本人確認の際にかかってくる電話も、Web完結では書類となるために電話は不要なのです。

 

必要書類が増えるのがデメリットではありますが、電話無しで借りられるのは内緒での借り入れ、秘密にしたいキャッシング利用には適しているため、モビットの利用者の中でもWeb完結は大変好評となっています。

 

方法 電話 郵便物 来店 所得証明
Web申し込み 必要 カードと契約書類が郵送
契約機を使えば無し
不要も可能 必要
Web完結 不要 ありません 不要 必要

 

利用方法も異なる両者の借り入れ

同じモビットからの借り入れでありながらも、Web申し込みとWeb完結では借り入れも返済も方法が異なります。銀行振り込みやカードを使った借り入れや返済となる通常のWeb申し込みに対して、Web完結では借り入れは銀行振り込みのみ、返済は口座振替のみとなります。

 

モビットでは様々な返済方法が用意されているのですが、Web完結に関しては返済が限定されます。これには理由があり、モビットのWeb完結は他のキャッシングとは異なり、カードが発行されないためです。

 

キャッシング専用のカードが無いため、予め登録をした銀行口座を使い、借り入れや返済を行うようになるのです。

 

モビットのWeb完結は便利で安心の借り入れとなりますが、必要書類、条件を満たせないと利用が出来ません。もし書類が用意できない方は、モビットの利用が出来ないわけではなく、通常のWeb申し込みであれば利用可能となる可能性もありますので、まずはモビットのホームページで確認をしてみましょう。

 

少しだけお金を借りるといった場合に便利なモビットも、何も5万借りる状況だけに限らずまとまった金額を借りるのも審査の結果次第では可能となります。もちろん5万円や10万円といった少額の借り入れに留めたほうが毎月の約定返済や利息の支払い、最終的な返済負担は軽くなりますが、何らかの事情によってまとまった金額を借りたい場合でもモビットは対応ができます。

 

限度額の上限が他の消費者金融よりも大きく、利率に関しても下限金利は他社よりも低くなっているので、大きな金額を消費者金融で借りたいと考えるなら、総量規制の範囲内でとなりますがモビットが優れます。